勃起障害について


精力サプリ比較ランキング ⇒ EDについて ⇒ 勃起障害について


ED内容詳細

EDとインポテンツ

|→ 勃起障害の原因

EDとインポテンツ、どちらも同じと思っている方多いと思いますが、少し違います。

ED インポテンツは「性的不能」の意味で、臓器的、肉体的、医学的、心理的、精神的等々、本人の性的欲求の如何に関わらず 性交不能な状態を言います。何か全人格を否定する様な響きを持っていて最近は使われていません。

一方EDは、胃腸疾患など病と同じ様に、一時的な病です。

勃起機能の低下という疾患を表す英語 Erectile Dysfunctionの頭文字をとって、「ED(イーディー)」と表わしています。 男性なら多くの人に起こり得る病気です。
専門的には「性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないため、満足な性交が行えない状態」と定義されています。

ED悩む人はどの位?

男性なら多くの人に起こり得る病気なのですが、日本では現在、40歳以上の男性の半数以上が何らかの原因でEDになっていると考えられています。

EDはなかなか口に出すのが恥ずかしいということで、その実体を把握するのが難しいのですが、日本でEDに悩む人は、1,000万人とも言われています。

EDを引き起こす原因(勃起メカニズム)

原因は色々言われていますが、それには勃起するメカニズムを知る必要があります。

性的刺激により神経を介し勃起の信号が脳から送られると、陰茎海綿体の動脈が開いて血液が流れ込みます。

海綿体はスポンジのように血液を吸い込んで貯め、膨張します。

膨張すると今度は静脈が圧迫・圧縮され血液が戻らなくなり、従ってカチカチになります。
これが勃起です。
しかし、好ましくない生活習慣などが原因で動脈の開き方が不十分だと、血液の流れ込み方が足りずにEDが起こります。

EDを引き起こす原因(生活習慣病)

たとえば、糖尿病になると、血管や神経が障害されるため、血管が硬くなったり、性的刺激による血管の拡張が起こらなかったりして、血流を抑えると考えられています。

糖尿病の患者さんが抱く日常生活の悩みとしてEDや性欲低下を挙げる方が多いと言われます。

一方、高血圧症では、血圧が高くなると、血管にストレスがかかるため、血管が損傷して硬く狭まります。
これによって、ペニスの血流を抑えてしまうと考えられています。
生活習慣病は、年々増えています。
高血圧症の患者さんは3,400万人、糖尿病の患者さんは690万人もいると言われます。

ですから、高血圧症や糖尿病患者さんと同じようにEDの患者さんもたくさんいることになります。

生活習慣病の増加が大きい原因


近年、生活習慣病の増加に伴い、生活習慣病予備軍や糖尿病予備軍と言う言葉も使われるようになってきました。

これは、生活習慣病とは、ある日突然になる病気ではなく、生活習慣が悪いと、少しづつ進行して、気が付いた時は重篤な症状になる場合が多いので、事前に予防しましょうと言う事で使われます。

EDは勿論、生活習慣病とは違いますが、生活習慣病がEDを発症・進行させる要因である事は同じです。

何故、ED予備軍や、インポテンツ予備軍と言う言葉を使うかと言うと、EDに対する認識を、多くの人が間違っている場合が多いからです。

多くの人が、ED(インポテンツ)とは、男性の性器(ペニス)が、全く勃起しなくなる事だと思っています。然し、それは違います。

EDの定義によると、EDとは「陰茎の勃起の発現あるいは、維持できないために、満足に性交を行うことのできない状態」とされています。
つまり、性行為中に中折れしたり、勃起と萎えを繰り返すなども、立派なED現象と言えます。

完全に勃起できない状態は、同じEDでも、大分進行しているEDです。
そこまで進行する前に対処すると、最悪なEDを抑える事が出来ます。

誰でも年齢と共に、ED状態にはなるものです。
若い頃と全く変わらない方が、異常とも言えます。
大切な事は、勃起不全の前兆現象を理解して、その段階で対処する事です。予防と言っても良いかもしれません。

EDの前兆現象

ED予備軍は、EDの前兆現象が現われている人です。
例えば、性行為中に一時的に、息子(股間の息子です)の元気が無くなって焦ったけど、とり合えず、何とか最後まで出来た。
とか中折れしてしまい、少し休憩したら大丈夫だったとか、最近女性のセクシーな姿を見てもムラムラしない(性欲減退、精力減退)などと言った事が無いでしょうか。

恐らく中高年男性だったら誰にでもある事だと思います。
しかし、これはEDに向かっていると言うシグナルです。

のシグナルを見落とさない事が、数年後〜10年後の貴方のセックスライフの状況を変えてくれます。
ED予備軍である事を恥ずかしがらずに、(ある意味で全ての男性がED予備軍を経験するとも言えます。
恥ずかしい事ではありません)EDの前兆であるED予備軍の内に、しっかりED対策や精力減退対策を行いましょう。

この様な事が、EDを予防すると共に、50代〜70代のセックスライフを左右すると言っても過言ではありません。
年代で言うと、特に30代〜40代の過ごし方がポイントです。