勃起障害の原因


精力サプリ比較ランキング ⇒ EDについて ⇒ E障害の原因


ED内容詳細

EDを引き起こす原因(生活習慣病)

勃起障害について ←|→ チェックして見る

服用している薬によっては、EDを引き起こすおそれがあることが知られています。

EDを引き起こす原因 たとえば、精神的疾患あるいは神経学的疾患などの病気の治療に使われる薬でも、EDを引き起こされることがあります。
これらの薬は、脳内の神経細胞に影響をおよぼして、抑うつや不安などの精神的障害に効きます。

しかし、同時に体のほかの部分にも影響してしまうのです。
こうした薬では、神経の働きに影響して、交感神経系と副交感神経系の不安定なバランスをシフトさせることがしばしばありますが、このバランスは勃起と射精の際にもとても重要となるのです。

こうしたことから、精神と脳に働きかける向精神薬などがEDの原因になることがあります。

EDを引き起こす原因(心因性)

勃起に関与する血管や神経などに器質的障害がなく、心理的要因によって生じるEDを心因性EDと言います。
心因には種々の要因がありますが、大別すると

@ごく日常的にみられる心理的要因によって起こるものと、
A心の奥底にひそむ心理的要因によって引き起こされるものに分けられます。

@としては、過去の性交の失敗からくる不安、失恋や夫婦間のトラブル、
 仕事からくる不安やストレス、離婚などが挙げられます。

Aとしては、怒り、憎しみ、ねたみ、愛憎葛藤、生育上の諸問題、幼児期における精神的外傷などが挙げられます。
 ストレスや不安な気持ちをもつと、性欲を減退させたり、EDをきたすことがあります。
 特に、うつ病では50%にEDを合併するとも言われています。


年齢とEDの関係

中高年になると、EDになる人が増えるのは事実です。

これは、高齢になるほど糖尿病や高血圧症、心臓病といったEDを引き起こす原因となる病気が多くなるからです。

したがって、齢をとるということはEDの危険因子といえますが、齢をとるイコールEDではありませんし、自然になるということでもありません。