精力サプリの成分


精力サプリ比較ランキング ⇒ ED改善法 ⇒ 精力サプリの成分


ED改善法

亜鉛

バイアグラ ←|→ サプリの種類

精力減退には様々なミネラルが関係していますが、中でも深く関与しているのが亜鉛です。亜鉛は人間の身体の中では筋肉や骨、肝臓などに含まれていますが、精巣や前立腺などの性腺にもかなりの量が含まれています。

精巣では、性欲などをつかさどる男性ホルモンの一種であるテストステロンなどが合成され、また精子も作られます。男性ホルモンにも精子作りにも深く関与しているので、「男の金属」「セックスミネラル」とも言われており、亜鉛が不足すると、性欲が低下する、勃起力の低下、精子の減少による不妊症などを招いてしまいます。

女性の場合も女性ホルモンの合成に亜鉛が深くかかわっていると考えられており、女性においても正常な生殖の活動に亜鉛は欠かせません。女性においても、亜鉛が不足するといわゆる「精力」や「性欲」が減退するそうです。

赤ガウクルア(ソフォン、ブテア スペルバ)


精力サプリで一番多く使われている成分。

赤ガウクルア(ソフォン、又はブテア スペルバ)は、タイなどの山岳民族によって古来より滋養強壮・精力増強・催淫・健康維持に効く奇跡の薬草と伝承されてきました。タイ版バイアグラとも呼ばれており、フラボノイド配糖体が豊富で、cAMPフォスフォジエステラーゼを阻害し、陰茎の血液循環を良くし、勃起力を高めます。

近年の研究で、男性に対しバイアグラと同様の働きをする事がわかり、精力増強や勃起力の向上など男性の機能向上に働きかけます。そのため精力補助剤として高い効果が報告されております。

アシュワガンダ


インド、ネパールの乾燥地、中東などの地域に自生するナス科の低木植物。古来よりインドの伝統医療アーユルベーダにおいて、滋養強壮、精力増強、リュウマチの緩和に良いと、あたかも高麗人参のように用いられていたことから、インデイアン・ジンセン(インド人参)とも呼ばれています。

全体的な健康を維持し、特に活力、精力増強の強壮薬として古くから知られています。朝鮮人参の5倍の強壮効果があるといわれ、ネズミを使った実験では薬用人参の10倍という結果も出ているこの薬草は、環境ホルモンで減少している男性の精子を回復する効果もあると言われています。

アルギニン(L-アルギニン)


アルギニンは成人では非必須アミノ酸で、体の中でつくられますが、健康で活動的な体を維持するためにはそれでは足りなくて、ある程度の量を食物(タンパク質に含まれています)などから摂取する必要があるといわれています。また、30歳を過ぎると、脳下垂体からのアルギニンの分泌が完全に停止するので、食事やサプリメントで摂取する必要があります。

アルギニンの働きを一言でいいますと、わたしたちの健康を維持し、老化を防ぎ、老化病や生活習慣病などの病気になるのを防ぎ、外敵(病原菌など)やがんから体を守ります。
またアルギニンは、男性の生殖細胞の70%以上、男性精液の約80%を占めており、また精子形成と精子の運動性を維持強化する働きもあるといわれています。

成人男性のアルギニンの必要量は非常に多く、その欠乏症は性障害や不妊症につながるおそれがあります。アルギニンは射精後の疲労をいち早く解消し、勃起力をよみがえらせる効果もあります。