男は実は繊細


精力サプリ比較ランキング ⇒ EDについて ⇒ 男は意外に繊細


ED内容詳細

勃起不全(ED)には精神的な要因が大きい

サプリメントの注意点 ←|→ 治療を行う大学病院

ペニスというものは不安や心配事があるときはうまく勃起できないものです。

例えば、

▼明日までに借金を返さないといけないのに返すあてがないとき

▼仕事でお客さんからクレームがあったとき

▼今月の売り上げ目標が達成できなくて焦っているとき

▼仕事が納期に間に合わなくて困っているとき

などの不安や心配事があるときは意識がどうしてもそちらに向かってしまい、ペニスが勃起しなくなってしまうことはよくあります。

またさらに、セックスの最中でも精神的な要因によって勃起が妨げられてしまうことがよくあります。

例えば

▼横の部屋で寝ている子供が起きないだろうかという懸念

▼同居している親に聞こえてしまわないだろうかという心配

▼セックスによって病気がうつったりはしないかという不安

▼望んでいないのに妊娠してしまったりはしないだろうかという心配

▼ちゃんと勃起してセックスができるかという不安

▼うまく女性をリードしないといけないという焦り

などが頭をよぎり、そのせいでセックスに集中できず、ペニスが萎えてしまうということも多々あります。

どうやって対応したらよいか

ではこれらにはどうやって対応したらよいのでしょうか?

率直に言って、残念ながら「こうすれば全てOK!」という方法は存在しません。

「何に対して精神的なストレスを感じているか」

というのはケースバイケースであり、またそれに対する受け止め方、対策も人それぞれだからです。

しかしながら、私たちがまずできることは、

■できる限りリラックスしてセックスに臨む

■セックスの最中は余計なことを考えないようにする

■気持ちを切り替えて、目の前のセックスを楽しむ

といったポジティブな姿勢を持つことです。

精神的なプレッシャーやストレスのある状況下において、うまく勃起できないというのはごく当然のことであり、誰にでも起こりうることなのです。

だからこそ、必要以上に焦らず、自分を責めたりせず、

「勃起しなかったらそれはそれでよしとしよう。」

「挿入・射精することだけがセックスじゃない。」

「ゆっくりと2人の時間を楽しめばいい」

というくらいの開き直った気持ちでセックスに臨むように意識してみてください。

そうすることによって、心に余裕ができ、結果的にうまくいったというケースもよく見られます。

日経WOMANの調査


雑誌「日経WOMAN」の調査で、男性に対してセックスに対する自信を尋ねたところ、思いがけないデータがでてきたという。

1位 あまりない        55.8%

2位 どちらかといえばある   28.1%

3位 まったくない       11.6%

4位 かなりある        4.5%

ざっくりまとめると、「セックスに自信がない」に分類される回答が全体の7割近くをも占める結果となったのである。

極端にいえば、10人に7人のオトコは自分のセックスに対して自信をもっていないということになる。

なんとも微妙な調査結果です。

別にそこまで言わなくても・・・と思う気もします。

前にも似たような話をしたことがあるのですが、こういったインタビューはどうしても恣意的な感が否めない気がしています。

選択肢がない

回答に、まず「普通」「人並み」という選択肢がないこと。

また、それ以上に、たとえばあなたが街頭や電話アンケートなどで「あなたはセックスに自信がありますか?」と聞かれたら、

「もちろん!!」

「私はすごいです!!」

なんて答えるでしょうか? 一部の自信満々な方を除けばあまり答えないですよね。

謙虚さは日本人の美徳でもありますし、それに文化的な背景から初対面のインタビュアーに対して性の話などをおおっぴらに話すとも思えません。

そうであれば、とりあえずは控え目に、「普通」、「人並み」、その選択肢がないならば、「普通より下くらい」といった答えになる人が多いのではないでしょうか。

そんなことを考えると、上のような調査はやはりあてにならないんじゃないかな、と思います。

日本の男性の精力が弱いわけでは決してありません。

性的な面においてちょっと自信が持てない方は、「今は調子が悪いだけ。

適切な対応をとれば、必ず状態は良くなり、たくましい精力も自信も戻る」と信じ、焦らずにじっくりと精力回復を進めていっていただきたいと思います。

ストレスの脅威


最近インターネットを見ていたら、以下のようなニュースがありました。

■「元気ない40〜50代、男性ホルモンは60代より少なく」

ざっくりとその内容を引用すると、

【一般には年齢とともに低下する男性ホルモンの量について、

日本人のサラリーマンを調査したところ、

働き盛りの40〜50歳代の中年層でその量が最も低下しているという結果が出た。

男性ホルモンはストレスの影響を受けやすいと言われており、

調査した専門家によると、「仕事のストレスが男性の活力を失わせているのでは」とのこと】

という記事でした。

つまり、

男性ホルモンの量は本来であれば年齢と反比例するにもかかわらず、

(= 齢を重ねるにつれて男性ホルモンの量が減少する)「日常的にストレスの多い環境にいるビジネスマンは、

すでにリタイアした年配の方よりもホルモンの量が少ない」ということです。

ストレスを軽減


これはとても重要な問題です。

というのも、男性ホルモンは、その名の通りセックスにおいて非常に重要な存在であり、

その量が減るということは、精力・勃起力に間違いなくマイナスの影響を与えるからです。

従いまして、働き盛りのビジネスマンの皆さんは、

十分な睡眠・適度な運動・仕事を忘れて楽しめる趣味を持つなど、いろいろな方法により

ストレスの軽減をはかるよう努めていただきたいと思います。

心の余裕は、間違いなく精力アップにプラスになります。

日々の仕事によるストレスは働き盛りのビジネスマンから男性ホルモン(精力・勃起力)を奪う。
だからこそ、いろいろな方法でストレスを軽減することが必要。